NAGOYA駅ものがたり

名古屋駅のものがたり

3つの迷駅 2

先日3つの迷駅という記事を書いたが、複数の路線が交わる大きな駅ならどこも多かれ少なかれ分かりにくいのは仕方がない。

しかし名古屋駅の迷駅たる理由は皆が言うその構造というより、他にも理由があると思う。私が思うに理由は2つあり、一部は重複するのだが、1つには各鉄道会社の協調の無さとサイン(掲示)の分かりにくさである。

協調の無さは、JRと名鉄、地下鉄及び地下街が昔からそれぞれ誰がまとめる事もなく勝手でバラバラだということ。(現在は多少協調しているようだが)それぞれが営利企業なので仕方がない部分もあるが、国なり公がもう少しまとめるか、一番大きい会社がリーダシップを積極的に取るかすれば少しは通路等が整理されたかもしれないが、お互いの利害しか考えてこなかった結果が現在の姿であろう。

また、合わせてサインが非常に分かりにくいのも原因の一つである。お互いの表示が勝手で連携が無く、とても通行客に親切だとは思われない。名鉄名古屋駅も掲示の色を変えたりと狭いホームを効率よく分かりやすく頑張って工夫しています、という事だろうが前述のように非常に分かりにくい。私に言わせれば地名などの字が多すぎて分かりにくい、殆どの人は自分の町以外の地名はそんなに知らないものだ。もう少し直感的に見せる工夫をお願いしたい。色んな条件はあると思うが、それでも恐らく、サインの専門家に見てもらえば改善する所は多く指摘されるだろう。

建物を大々的に建て替えなくても、今でも改善できる点は多々あると思うので再開発の前に少しでも各社が協調して直すべきところは直してほしいものである。